大日如来像木造大日如来坐像八幡神社本殿

曽屋水道

2019年4月13日国指定の文化財記念物, 遺跡

国の登録記念物(遺跡関係)

  • 曽屋水道(そやすいどう)
  • 2017年(平成29年)10月13日指定
  • 所有者:秦野市
  • 建設年代:1890年(明治23年)3月竣工

特徴等

明治23年に竣工した、全国でも極めて早い時期に建設された水道施設。
大正期の「配水池」「ポンプ室」、昭和期の「配水池」が切り合う形で現存し、試掘調査において明治期の沈殿池の一部が検出された曽屋公園と、付近の「ロ号源泉」や「ハ号源泉」といった横井戸の開口部がそのままの位置に残っているこれらの遺構は、近代水道の草創期まで時代を追って遡ることができる。
 近代水道施設としての登録記念物(遺跡関係)での登録は全国初の事例となる。

秦野市ホームページより引用