八幡神社本殿木造大日如来坐像大日如来像

山ノ神堰堤

2019年4月13日国指定の文化財建造物, 有形文化財

国の登録文化財

  • 山ノ神堰堤(やまのかみえんてい)
  • 平成15年3月18日指定
  • 所有者:神奈川県

概要

長さ32メートル、高さ13メートルの昭和7年に竣工した重力式砂防堰堤です。本堰堤は、過去の度重なる土砂災害を防ぎ、現在でも砂防施設の機能を保つ一方、石積みの堤体は周辺の景観にも調和しており、現在、堰堤下流は県立戸川公園の水辺広場として利用され、公園利用者に親しまれています。
 北伊豆地震による丹沢水系の山崩れを契機とする内務省直轄事業による昭和7年の水無川砂防施設です。水通しの右岸側端部から堰堤前面の岩盤の形状にあわせてつくられた筒状の張り出しを通る灌漑用水路が設けられています。「再現することが容易でない」文化財として登録されました。

秦野市ホームページより引用