八幡神社本殿木造大日如来坐像大日如来像

龍法寺の文化財

2019年8月29日市指定の文化財重要文化財

市指定の重要文化財

  • 龍法寺(りゅうほうじ)
  • 木造毘沙門天(もくぞうびしゃもんてん)立像(りゅうぞう)
  • 木造不動明王(もくぞうふどうみょう)立像(りゅうぞう)
  • 平成2年4月23日指定

概要

古くは真言宗であったと言われる亀谷山龍法寺は、現在、曹洞宗の寺で、本尊は釈迦如来です。本堂には、木造毘沙門天立像、木造不動明王立像があり、いずれも寄木造りです。 毘沙門天立像は、宝塔を捧げた左手を肩まで上げ、おそらく邪気を踏みつけていたと思われ る脚部は右足で踏んでいるようです。木造不動明王立像は、ほとんど動きがなく直立で、左手を大きく外にはずして高い位置で羂索を取ります。顔の表情は憤怒像にしてはおとなしい。

龍法寺毘沙門天立像
龍法寺毘沙門天立像
木造不動明王立像

アクセス

  • 所在地:秦野市南矢名1533
  • 交通:東海大学前駅からオレンジヒル方面行きバス、町内会館下車徒歩5分